大きさの異なる製品を同じケースで輸送

ホーム > 導入事例一覧 > 大きさの異なる製品を同じケースで輸送

No.0084 大きさの異なる製品を同じケースで輸送

今回紹介するのは、プラダンケースと緩衝材をセットで製作した事例です。

ユーザーは機械部品の加工を行われている企業様です。

特殊な加工が必要な一部の製品について、サイズや形が異なるけれど、常にセットで下請け業者に輸送しているものがありました。

これまでは、それぞれ新聞紙などで包んで、段ボールケースに入れて輸送しておられました。しかし、新聞紙が無かったり、段ボールケースがボロボロになって使えなかったり、ゴミが出て処分が面倒だったり、製品同士が箱の中で干渉し合って表面に傷が付いてしまうことがあったり、いろいろと不満を感じておられました。

下請け業者で加工後は、また同じ箱に梱包されて返却されていたということもあり、通箱を製作することを検討されました。

まず、通箱の材質については、繰り返しの使用に耐えられるように、プラダンを選択しました。次に、大きさの異なる部品の収納については、それぞれの大きさと数量に合わせた緩衝材を、発泡ポリスチレン板を加工して製作することにしました。緩衝材の大きさに合わせて箱の大きさを決める必要があったので、フリーサイズで設計可能という意味でも、プラダンは最適な素材でした。

プラダンでの通箱をご検討の際は、私たちプラダンプロ.comにお任せください。

事例 No. 0084
目的・用途 通い箱(通函)
商品 プラダンC式
業界 機械
材質 プラスチックダンボール5mm
内部緩衝材:サンテックフォーム
サイズ 800x750x900h

ご質問、お見積もり お気軽にお問い合わせください

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりフォーム