Oct(オクト)

Oct(オクト)

特徴

  • 八角形の形状により、液体や粒状の内圧の高い不定型の製品の梱包に優れています。
  • 折りたたみ時は、スリーブ(側面パネル)がトレーとキャップの中に収納され、ワンセットでの保管管理が可能になります。

構成

Oct(オクト)の構成要素
 

組立て手順

収納状態 次へ   次へ   次へ   次へ   次へ

1.収納状態

2.部品を取り出します

3.トレーコーナー部に設置している押さえ板を起こし、八角形の形状にします

4.スリーブを八角形に広げ、トレーに被せます

5.スリーブとトレーをバンドで留めます
梱包状態 次へ 完成状態

6.この状態で
梱包します

7.キャップとトレ
ーを結束して完成
  • Oct(オクト)のトレー内フラップの固定方法
  次へ   次へ   次へ  

用途

  • 食品原料などの液体や粒状の内圧の高い不定型な製品に適しています。

強度

  • 以下に当社で行った実験結果を紹介します。
モデルサイズ 外寸 1100x1100x高さ1100ミリ
総重量 20kg
仕様 側面:ヒンジフレーム4隅(ピンポイント熱溶着5点留め)
フタ:Oct
トレー:プラスチックフレーム付き
材質 面材:すべて厚み9ミリ 1800g/m2使用
試験方法 静止状態で垂直荷重(圧縮速度10ミリ/分)をかけた
(JISZ0212:1998による)
試験結果 最大荷重  5347kg
変移量  25.5mm

Oct(オクト)の強度実験

最大荷重の3分の1を目安に使用をご検討ください。なお、左記値で不十分な場合は、パネルの強度を上げたり、パネルとヒンジフレームを留めるジョイント本数を増やしたりすることで、強度を上げることが可能です。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 

オプション

  • Oct(オクト)には以下のオプションを取り付け可能です。(併用可)
結束バンド
結束バンド
ワコポンに結束バンドを予め取り付けておくことができます。
送り先でゴミにならず、結束作業工数も資材使用量も減るので、ランニングコスト圧縮に繋がります。
 
内装材
内装材
製品を固定する緩衝材をワコポンと一緒にご用意されれば、個装する必要もなくなり、ランニングコストの削減と製品の安全な輸送に繋がります。
 
印刷
印刷
パネルにシルク印刷を入れることができます。社名を入れると紛失・盗難防止・宣伝効果があります。
割れ物注意などのケアマークを入れることもできます。
 
カード差し
カード差し
パネルにカード差しを取り付ければ、送り状や納品書等を収納することができます。規格サイズだけでなく、さまざまな大きさのカード差しを用意致しております。
 

ご注意点

  • パレットに比べてスリーブの高さが高い場合に、スリーブがトレーとキャップの中に収納できない場合があります。
  • 強度実験を繰り返した上で商品開発を行っていますが、ご採用にあたっては試走試験を行い、実際のご使用状況を再現した上で、強度を確認して頂くことをお勧めいたします。
  • 輸送時は、必ず、結束を行ってください。

ご質問、お見積もり お気軽にお問い合わせください

  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • お見積もりフォーム

大型コンテナ「ワコポン」の他のバリエーション

Oct(オクト)の導入事例

準備中です。